●妊娠中の脱毛は危険なの?

妊娠中の女性でも、他の人と同じようにムダ毛のお手入れをして綺麗な肌を目指したいと考えるのは普通ですよね。

個人差があるので一概には説明できないものの、妊娠すると肌質や体質が変わってムダ毛が急に薄くなったり濃くなったりと様々な変化が出ます。

ムダ毛が濃くなれば脱毛を考えるのは当然ですが、妊娠中の処置は危険ですので避けなければなりません。

これは除毛クリームを使ったセルフケアやエステサロンでのフラッシュ脱毛など様々な方法が該当し、妊娠中に避けるべき理由を幾つか挙げてみました。

・ホルモンバランスの変化によって普段よりも肌が刺激を受けやすいデリケートな状態になっている
・脱毛による刺激で何かしらの肌トラブルが起こった時に塗り薬など医薬品の処方ができない
・レーザー脱毛やフラッシュ脱毛を受けた時に加わる痛みに敏感になりやすい
・妊娠初期はつわりの症状で悩まされやすく、薬品の匂いで吐き気が起こりやすい
・ムダ毛を生やす効果を持つホルモンのプロラクチンの分泌量が増加し、本来の脱毛の効果が得られなくなる

今のところレーザーの照射により、お腹の赤ちゃんに悪影響が起こるといった報告はありません。

それでも、妊娠中はホルモンバランスの変化で肌が過敏な状態になったり脱毛の効果が得られなかったりと普段とは大きく異なるため、医療機関でもエステサロンでも施術を断られるケースがほとんどですよ。

●除毛クリームや脱毛サロンよりも安全のムダ毛処理方法とは?

妊娠中は自分の肌質やお腹の赤ちゃんのことを考え、以下の脱毛は避けた方が良いでしょう。

除毛クリームの使用⇒肌が荒れる可能性が高く、赤みやかゆみなど炎症が起こりやすい
脱毛サロン⇒妊娠中の安全性は確立されておらず、施術自体を断られてしまう

そこで、以下では妊娠中の女性でも安全に試せるムダ毛の処理方法をまとめてみました。

電気シェーバー:肌の上を機械でなぞるだけで刺激を与えることなくムダ毛を処理できる
シェーバー:電気を使用しないので実店舗やネット通販でお手頃な価格で購入できる
脱毛石鹸:たっぷりの泡で身体を洗うだけでムダ毛を生えにくくしてくれる

中でも安全に抑毛効果や除毛効果を得たいのであれば、毎日のバスタイムで使える脱毛石鹸がおすすめですね。

脱毛石鹸のJomoly(ジョモリー)には刺激的な成分は一切含まれておらず、敏感肌の女性でも安心して使用できます。

ただし、妊娠中は肌がデリケートな状態になりやすいため、Jomoly(ジョモリー)で洗う前にパッチテストでトラブルを起こさずに使えるのかどうか確認しておいてください。

<<Jomoly(ジョモリー)のアフィリエイトリンク>>